FX|税率の計算方法・確定申告について

FXの基礎知識

FXの税金の計算方法と確定申告についてXMとDMMを例に徹底解説

FXを始めたけど税金はどうなるの?というFX初心者の方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなFXの税金についての疑問にお答えしていきます。

FX初心者
FXも税金かかるの?
せっかく頑張ってプラスになってきたのに...

kuro
はい、税金を支払わなくてはいけません。
そうですよね、頑張って稼いだお金ですからね。
でもこれは義務なので皆さんしっかりと払っていますので、正直に申告して払いましょう。
細かい方法などを今回はまとめましたのでご覧ください。

FX初心者
はーい。
義務なら仕方ないわね。
私は海外FX業者のXMで取引してるけど、国内と海外も仕組みは同じなの?

kuro
ご理解いただきありがとうございます。
良い質問ですね!
国内FXと海外FXでは仕組みが違いますので、ご注意ください。
XM口座でお取引しているとの事で、今回は海外FX代表で「XM」、国内FX代表で「DMMFX」を例にご説明していきますので最後まで重要な事ばかりですのでご覧ください。

それでは、海外FXと国内FXの税金の計算方法と確定申告を海外FXの「XM」と国内FXの「DMM」を例に詳しく解説していきます。

その前に『XM』の口座開設がお済みでない方はこちらで口座開設の手順を詳しくご紹介しておりますので今すぐ開設しましょう!

『DMM FX』の口座開設がお済みでない方はこちらで口座開設の手順を詳しくご紹介しておりますので今すぐ開設しましょう!

まずは海外FXの税金からご覧ください。

目次

FXの税金の計算方法と確定申告について

FXの税金|計算方法と確定申告

FX取引をスタートしたら、何としてでもできるだけ早く正しく把握しておきたい「税金」の意味。

今日まで会社が年末調整をしてくれて当たり前だった方には、「確定申告」は未開拓の世界かもしれません。しかしFXで利益が出れば、会社の年末調整とは区分して所得税を納めなければならず、確定申告を欠かすことが出来ません。

年金受給中の方やパートやアルバイトの方、収入はFXからだけという方も、利潤を得たら申告と納税を欠かすことが出来ません。

注意ポイント

FXの税金は、国内FX業者を用いるときと海外FX業者を用いるときでは、認定される税区分がバラバラになっていて、税率も異なるため気をつける必要があります。

「国内FX業者を利用したときの方が、税金はほとんど無くて済む」考え方が定着しているといわれていますが、この度詳しく調べてみたところ、意外に必ずそうなるわけではないことがわかりました。

「国内業者よりもXMの方が税金が高くなるのは、XMでどれほど儲けがあったとき?」にスポットライトをあて、本年度の確定申告から即座に効果がある情報も盛り込んでご紹介したいと思います。

海外FXで利益が出た場合も国内FXと同じ要領で確定申告が要される

海外FXで得た利益でも国内のFXで得た利益と同様に確定申告をしなければなりません。

具体的に○○円以上といった括りがありますので、詳しく見ていきましょう。

どれくらいFXで利益が出たら申告が要されるのか?

サラリーマンなど給与収入がある方は「20万円以上」、それとは別にこの他に何処からも収入がない方は「38万円以上」が申告の必要な基準になります。

ちょっとずつ複数の収入がある方は、基本にあるのは「1箇所からの収入が20万円をオーバーすると申告が必要」なので、XMで20万円超利益が出れば申告は欠かすことはできません。

元を正せば確定申告とは何か?

確定申告とは?確定申告の期限はいつ?

毎年、1月1日から12月31日までに得たありとあらゆる収入から必要経費をマイナスしたものを所得として、税務署にその内訳の説明をするための書類を提出するものです。

どんな確定なのかといえば、メインとしては所得です。

さらにこの決定した所得金額が土台となって、住民税や健康保険料などの金額も固定化して行きます。

 

確定申告の期限はいつ?

FXの利益を確定申告する期間は、毎年2月16日から3月15日です。

しかしこれは1つのスタンダードで、1月1日以降に必要書類が全部揃えば申告書を提出することはできます。

税務署での手続きの取り扱いは2月16日からで、これまでは預かり扱いになります。

また例年のこの期限を経ってからも、さかのぼって5年間は申告ができることになります。

参考

ひとつの例として、国内FX業者を利用したケースでは3年間、損失の繰り越し相殺が可能なことを最近知って確定申告しておけば良かったとお考えの方も、まだまだお手続きは間に合います。

ただし今までの損失とXMの利益との相殺はできません。

 

海外FXと国内FXとでは税金のシステムが異なってくる?

海外FX↔︎国内FX|税金のシステムが違う?

FXの利益に対する課税は、国内業者を使用したときと海外業者を使用したときでは、全く異なる税制度に当てはまるため、気をつける必要があります。

国内業者と海外業者の双方でFX取引をしている方も、まとめ上げることはできず別の欄に書いて申告が必要なので、ぜひとも記憶しておいてください。

何故、国内FX業者と一緒ではないのか?

実際には2011年迄は、国内FX業者を使用したときも海外FX業者と同じ税率の総合課税でありました。

金融庁の見解によると、「海外FX業者は日本の金融庁の認可を受けておらず、国内のレバレッジ既定の25倍が用いられていないので、店頭デリバティブ取引にマッチしない」のだそうです。

言ってみれば海外FX業者をライバル扱いしているように聞こえてきます。

とにもかくにもこのため、課税のシステムも2012年以降別扱いにされたのです。

海外FX(XM)の税金を知ることに先立って国内のFX業者で売買した場合の税金をチェック

国内のFX業者で取引した損失・収益には、「申告分離課税」による税率が活用されます。
所得税の税率は、金額に関わらず一律となります。

また、損失になった年も「先物取引に係る繰越損失用」の書類で告知しておくことで、その先3年先まで繰り越しすることができるのも固有のものです。

損失の繰り越しとは如何なることか?FXの税率20.315の内訳は?

損失の繰り越しとは?FXの税率20.315その内訳とは?

損失で終了した年の翌年以降に収益になれば、前年の損失分の控除を受けることができて、支払うべき税金も半減するというわけです。

マイナスが生じて意気消沈した経験も無駄ではないことだと言えるでしょう。

参考

ひとつの例として、1年目に100万の円損失で終わり、2年目に50万円の利益、3年目に150万円の利益になったとしたら、課税対象額は次にあげるようになります。

損失繰り越しの例

1年目 -100万円:課税対象額は0円

2年目 +50万円 -(前年から繰り越しー100万円)=-50万円 : 課税対象額は0円

3年目 +150万円 -(前年から繰り越しー50万円)=100万円 : 課税対象額は100万円


課税分の金額は「申告分離課税」。税率は一律15 %

課税対象金額が確定すれば、税率をかけ合わせれば支払うべき所得税の概算金額がわかります。

申告分離課税」は金額が100万円のときも1億円についても同じ税率、15.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%)です。

この他に、あとあと住民税5%もかかります。

ここのところを全部同じに考えて「一律20.315%」とアナウンスしているサイトもたくさんあります。

所得税の計算例

利益100万円のとき:100万円×15.315%=153,150円

利益1億円のとき:1億円-(1億×15.315%)=15,315,000円

ちなみに実際の申告時には、利益の金額にそっくりそのまま15.315%ではなく、その他の収入とトータルしたり、FX取引にかかった経費の金額をマイナスしたりして所得金額を求めます。

その所得金額に対し15.315%掛けたものが所得税となっています。

確定申告は、利益や損失が確定した取引だけが対象

当然のこととして、申告はFXのポジションを決済して利益損失が決定した取引だけが対象です。

国内FX業者には、ポジションが未決済でもスワップポイントだけゲットできるシステムの取引口座もあり、スワップ利益目当てで長期保有している方もいると思われますが、この場合はスワップの利益分だけが課税対象になります。

海外FX(XM)の税金はどの様になるのか?

海外業者であるXMでの取引内容の確定申告は、収入の項目の中に於いて雑の区分で行なうことになり、総合課税の税率が活用されます。

国内業者の場合の一律の税率ではなく累進課税という、所得金額がたくさんあれば税率も上がるというスタイルです。

累進課税の金額範囲と税率は、2017年度から変更になりますのでお気を付けください。

給与所得者が副業でFXトレードし、利益が出たケースでは?

給与所得者の副業でFXトレードをして利益が出た場合

給与の分とXMの利益分を合算した所得に、上記で述べた総合課税の税率が生じます。

確定申告には、正当な税率を適用するために、会社から受け取れる給与所得の源泉徴収票も必要になりますから記憶しておいてください。

住民税は高い。総合課税は10%

上の記載以外にかかる税金「住民税」は、「分離課税」分では一律5%ですが、「総合課税」分は一律10%です。

専業トレーダーは、XMでの利益が431万円迄なら国内業者より税金が安い

海外FX業者を利用すると、税金が高いイメージが先行していますが、上記で述べた例の計算式で、かつ住民税も考慮してチェックしてみると、国内FX業者を使用したときと同じ「20.315%」になるのは、「課税対象所得金額4,319,500円」の時です。

こちらの金額までは、国内業者を利用したときよりも海外業者を利用した方が、税金が安いです。

注意ポイント

※専業トレーダーの場合になります。サラリーマントレーダーは別です。

・課税所得額「4,319,500円」の所得税計算式 : 195万×5%+135万×10%+1,114,000×20%=436,400円

あるいは、4,319,500円×10%-95,000円 =436,400円

復興特別所得税: 436,400円×2.1%=9,164円

住民税: 4,319,500円×10%=431,950円

所得税436,400円+復興特別所得税9,164円+住民税431,950円=877,514円

877,514円÷4,319,500円=0.20315 (=20.315%)

FXの利益の損益通算はできるのか?

海外FXで得た利益に関して損益通算はできるのかを見ていきましょう。

まず損益通算の意味がわからない人も理解しておいた方が人生の役に立ちますよ。

一体全体損益通算とは?

損益通算とはFXの損益と、これ以外の方法で得た収入とを累算することです。

FXで生じてきたを、これ以外のプラスの収入にプラスできれば、トータルで税金の支払い金額を少なく済ませることが不可能ではありません。

しかし、雑所得として申告する海外FX(XM)の利益と、会社の給料である給与所得は、所得の区分が異なってくるため損益通算ができないです

また、国内FX業者での利益も、分離課税なので海外業者での利益分とは損益通算できません

その他の雑所得との損益通算はOK

FX取引以外の雑所得がある方なら、それらとの損益通算はできます

FXの税金を節税する方法とは?3年分の損失の繰り越しも可能?

FXの税金を節税する方法とは?3年分の損失の繰り越しも可能?

まず一つは、つい先ほどの損益通算をする方法。
もうひとつは、FX取引で利益を得るために必要だった経費を申告することです。

さらに究極の節税方法には、青色申告することがあるのです。

ただし事業の収入として税務署に認めてもらうために事業化することが求められます。

節税する方法

必要経費を控除しよう

海外FXによる利益については、雑所得にカテゴリー分けされますが、雑所得については次にあげる算式により計算が行われます。

雑所得の金額:総収入金額-必要経費

つまり、 海外FXを行なう為に支出したと認定される経費については、利益の金額から控除する事が可能だと言えます。

具体的に言うと、海外FXに関係するセミナー代や書籍代、取引手数料等がそれに当たります。

また、取引に使う部屋や事務所の家賃やパソコン、通信費に関しても、取引用に使用している割合と家事用に使用しているパーセンテージを明瞭に区分けする事が出来るならば、取引用に使っている部分に関しては経費算入が許可されます。

使っているのにそれに見合うだけの費用を計上しないのは極めて勿体ないことです。

10,000円控除できるものがあれば、税率によって所得税と住民税あわせて1,500円~6,000円安く済みます。

雑所得内で損益通算をしよう

今さっきの雑所得の計算方法に関してですが、種類ごとに計算するということじゃなく、トータルの総収入金額から合計の必要経費を引いて計算を進めます。
全く異なる雑所得で損失が発生している場合はトータルして計算することができます。

青色申告をしよう

税金に関しては確定申告により納税を進めますが、確定申告には『青色申告』と『白色申告』の2種類が存在します。

青色申告を行うことによるメリットについては次に挙げるようなものがあります。

青色申告のメリット

  • 所得区分が『雑所得』から『事業所得』となり、青色申告特別控除として65万円の控除を受けることができる。
  • 3年分損失の繰り越しが可能。
  • 家族への給与を経費にできる。

30万円までの固定資産については全ての金額を経費にできる。
とりわけ、青色申告特別控除に関しては、税率を掛ける前の課税所得金額から控除することになります。

届け出を出した上で、帳簿を作成して保存する必要があるという事柄は見受けられますが、現在では会計ソフトにより帳簿作成の手間が掛からなくなってきています。

本業として海外FXに力を入れる場合は、ぜひ青色申告はおすすめいたします。

FXの確定申告は、出金した金額ではなく、1年で取引して上がった利益が対象

FXの確定申告は、出金した金額ではなく、1年で「取引して上がった利益」が対象です。
これについては海外FX業者も、国内FX業者も同様です。

通常であれば取引で利益が確定しても即座に出金手続きはせず、しばらくの間口座に保持しておくことが多いと思われますが、さて出金しようとしたケースでは、金額が高額な時はとりわけ、確定申告のことも推察して出金の時期に気を付けることが必要です。

注意ポイント

税務署はXM口座の取引履歴を把握しているわけではなく、国内の銀行口座に着金した際に、時期と金額を把握しているからです。

確定申告する事を考えて、FX口座からの出金のタイミングに注意!!

上記で述べたように税務署が情報を理解している関係で、利益分の出金と確定申告の時期はなるだけ同年内に揃えておいた方がよいです。

海外FX(XM)の税金の計算方法と確定申告まとめ

海外FXの税金|計算方法と確定申告まとめ

今回徹底的にリサーチしたことで、海外FX(XM)は国内業者と比べて特別に税金が高いわけでもないこと、そのほか、431万円未満の利益(専業トレーダーのケース)なら国内FX業者よりも海外FX(XM)で取引したほうが税金が安くなることまで明白になりました。

今回海外FX業者の例にさせていただいたXMには、高額ボーナスハイレバレッジが味方についています。
国内業者には成し得ることのできないフェアなトレード環境も整備されています。

こういった現状で海外FX(XM)を選んだりしない理由はないでしょう。
ここまでなんとなく税金のことがひっかかっていた方も、これからについては安心して海外FX業者(XM)でトレードしてください。

今回ご紹介した海外FX業者『XM』は世界第一位の取引者数を誇るFX業者です。

今なら特別ボーナスやキャンペーンもありますので、口座開設がまだの方はこちらで細かい手順なども詳しくご紹介しておりますので、是非ご覧下さい。

国内FX(DMM FX)の税金の計算方法と確定申告(20万円以上が対象?)

国内FXの税金|計算方法と確定申告(20万円以上が対象?)

国内FX(DMM FX)の 確定申告 の方法は?税金の税率、確定申告が必要な人とそうではない人の異なる点は?

FXの確定申告は利益20万円以上が方が対象、税率20.315%です。

ここではFXの確定申告に入用になる基礎を紹介した後、参考にDMM FXで得た利益確定申告方法、必要な書類を紹介します。

DMM FXを含めた国内FXをずっと前から始めている方、今後始めようと思っている方で確定申告の方法を明らかにしたい方必見です。

FXの利益に対しての税率は20.315%かかる?

FXの利益に対して税率は20.315%かかる?

FXで得た利益は雑所得となり、税金は株取引の税金と同じ申告分離課税に相当します。

わかりやすく言うと、FX(外国為替証拠金取引)の税率は一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)になります。

FXの税率はFX会社に影響されず均一。

因みに、申告分離課税と言いますのは、その他の所得と分離して確定申告して納税する課税方式です。

2011年12月まではFXの税率は累進課税(※利益に合わせるように最大税率50%)でした。
これまでに比べて税率優遇され、投資しやすいご時勢になったと言えますね。

確定申告の対象者とは?FXの利益の有るか無いかだけではない?

確定申告の要否はFXの利益の有るか無いかだけでは決まらず、ここから下の条件を満たすすべての方が確定申告対象者です。

 

  • 給与収入だけで2,000万円を超えている人
  • 給与収入が1か所で、副業の所得が20万円を超える人
  • 給与収入が2ヶ所以上で、年末調整を受けることがなかった給与とこれ以外の所得の金額が20万円を超える人
  • 同族会社の役員や親族で同族会社から給与をもらっていて、給与以外に賃貸料などの支払いを享受した人
  • 給与に関して災害減免法による源泉徴収税額の徴収猶予還付を受けた人
  • 給与に関して源泉徴収されないことになっている人

つまり、確定申告を必要とする人は「給与収入以外で年間20万円の収入がある人」になります。

FX取引者で確定申告が必要な人とは?

FXで年間20万円収益を得た人が課税対象です。

FXの利益とは取引に関係するありとあらゆる利益スワップ利益、為替差損)です。

FX課税の対象外の人とは?

FX取引をしている人の中でも課税対象外の場合もありますので、ご説明します。

FXを除いた損益通算はできない

ついでに、DMM株、DMMバヌーシーとの損益通算は不可能です。

ひとつの例としてFXで25万円利益、株で10万円損失の場合、実質の利益は15万円ですが課税対象外にはならないです。(こうした場合、FXの確定申告が必要)

未決済分は課税対象外

また、FXで利益が出ていても利益確定をしていない取引は課税対象外です。

ひとつの例として長期投資で持ち続けている方などはこちらに当てはまります。

FXで特定口座が全く使えない理由

FXで特定口座が全く使えない理由|そもそも特定口座って何?

「特定口座」はFXしか経験がない方は、初めて聞く言葉かもしれませんね。
その意味とFXでは使えるのかどうかをご説明します。

FX 特定口座

特定口座とは、株取引の経験がある方はご存知だと思いますが、証券会社や銀行が我々の代わりに税金を計算して納めてくれる便利な口座です。
本来は自身で確定申告の必要があります。

株式投資のケースでは、一般口座特定口座があって、特定口座をセレクトしたら確定申告の手続き回避できます。

残念な事に、FXに於いては特定口座(源泉徴収あり)の選択項目が存在しないため、FXで得た利益はあなた自身で確定申告をすることが不可欠です。

FXで特定口座が全く使えない理由は、法整備が遅れているためです。
これからは法整備されると特定口座(源泉徴収あり)が出て来ることもあり得ると思います。

株取引1870年から始まったのに対し、FX取引がスタートしたのは1998年4月なので2019年時点でまだ20年程であり、それなりに出来たばかりということが分かります。

以下はFXで年間利益20万円以上ある方に対し、確定申告の必要なものをDMM FXを例にステップを公開します。

国内FX(DMM FX)の確定申告の申告期間

DMM FXの公式サイトによると確定申告の期間と対象取引の期間は以下の通りです。

確定申告の期間 2月15日頃~3月15日
対象取引の期間 前年の1月1日~12月31日

確定申告の期間は毎年若干異なるので、詳しくは国税庁の確定申告のページをご確認下さい。

FX(DMM FX)の確定申告に必要なもの

FXの確定申告に必要なもの4点

DMM FXで得た利益について確定申告する場合、次にあげる4点が必要不可欠です。

  • 確定申告書B
  • 申告書第三表(分離課税用)
  • 源泉徴収票
  • FXの年間取引報告書

1~3は確定申告に絶対必要な共通書類です。

4番目の年間取引報告書がFXの利益に対する確定申告の時に必要な書類です。

では、いつ頃、どのようにして書類を手に入れればよいのでしょうか?

FX(DMM FX)の年間取引報告書

確定申告するケースになると、年間取引報告書並びに支払い通知書が必要です。

DMM FXの年間取引報告書の交付時期、交付方法に関しては、次にあげる通りになります。

交付方法:郵送並びに電子交付(再交付は税込1,000円)
交付時期:郵送は毎年1月半ばから下旬に発送。電子交付については1月上旬頃。
特定口座年間取引報告書、配当金等の支払通知書は、DMM FXの公式サイトをお確かめ下さい。

因みに、DMM FXの解約退会)後も年間取引報告書は送付されるので安心して大丈夫です。

国内FX(DMM FX)の税金の計算方法と確定申告まとめ

国内FXの税金|計算方法と確定申告まとめ

国内FX(DMM FX)の確定申告が必要な方は、年間利益20万円以上の方になります。

株と同一の雑所得申告分離課税税率20.315%ですが、特定口座(源泉徴収あり)を使うことができません。

確定申告に必要は書類は4つあります。
年間取引報告書は毎年1月に郵送されます。

DMM FXで確定申告をしたいという方は、最初に年間利益を弾き出してみましょう。

今回ご紹介したDMM FXは国内第一位の取引者数を誇るFX業者です。
今なら2万円のキャッシュバックもありますので、口座開設がまだの方はこちらで細かい手順なども詳しくご紹介しておりますので、是非ご覧下さい。

広告

-FXの基礎知識

Copyright© 現役FXトレーダーの完全講義ブログ/FX初心者から自由への道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.